秋彼岸

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、つい先日まで暑い暑いと言っていたのが嘘のように過ごしやすい気候になってまいりました。
コロナ禍にあって我慢の日々が続いてる皆さまにとって「今年の秋こそは!」と旅行の計画を立てられた方や「お盆くらいは!」とご家族の帰省や孫との再会を楽しみにしてたのに、昨今の感染状況で諦めたという方の話を良く耳にいたします。なにより一日でも早い終息を祈念申し上げるばかりです。

さて、今年は9/20が彼岸の入りで、9/23が中日、9/26が彼岸の明けになります。
彼岸の供物といえば、「ぼたもち」や「おはぎ」を思い浮かべます。この時期になると和菓子屋さんだけではなくて、スーパーにも陳列されております。
この二つ、実は同じもので、春と秋に咲く花になぞらえて呼ばれております。
春は牡丹の花が咲くことから「ぼたもち」
秋は萩の草花が咲くことから「おはぎ」
※地域により違いもございます。

今年も密をさけ、十分に配慮をしながらにはなりますが、ご自身やご親戚のお墓参りをしていただければと存じます。また遠方等でお参りが出来ない方には、よくよく自信を見つめ直す時間を作っていただきたいと思います。なにより、今の自分があるのは、先立たれた先祖をはじめ多くのおかげ様の中に今があることに感謝をいたしましょう。お寺様によっては、離れていてもご供養をして下さるお寺もございます。ご相談いただければと存じます。

前の記事

お盆とは